rekishi1868

アクセスカウンタ

zoom RSS 二宮尊徳先生像と出遭った・・・

<<   作成日時 : 2005/10/25 19:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
「二宮尊徳先生像」

京都・岡崎公園・近代美術館と図書館の
間にある公園にて見つける。

あの芝を背負った姿ではなく、しっかり学習している様子の
二宮金次郎(金治郎)・・・
江戸後期の天明七年(1787)〜安政三年(1856)の実践的農政家。

農民から幕臣となり、尊徳が行った報徳仕法により、
藩や村の財政再建、経済運営の指導により600以上の村を救ったという。
晩年は、日光神領の復興に着手し、今市にて死去。

尊徳の思想は、弟子たちによって存続され、また豊田佐吉・
松下幸之助・御木本幸吉といった明治大正の政治経済に携わる
人々に大きな影響を与えたらしい・・・。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
二宮尊徳先生像と出遭った・・・ rekishi1868/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる